この記事をシェアする

急に困らないために!かかりつけ医を見つけておくことは大切

医療機関の数は?集中型と分散型

現在住んでいる場所の医療機関の分布はどうでしょうか。
駅前に集中しているケースは多いですが、うまく分散しているところももちろんあります。

少し栄えている街だと医療ビルがあることも珍しくありません。
多くの医療科の病院が入っているので、風邪をひいたとき以外にも通える1拠点として押さえておいても良いでしょう。

自分の住んでいる地域にどんな医療科が多いのか、規模の小さな医療機関でも他県から患者が訪れる人気のクリニックがあることもありますので、そういった情報を調べてみてもいいでしょう。

行ってみるまで、自分にとって良い医院であるかどうかは分かりませんがかかりつけ医を探す上での取っ掛かりとしてこういったことを気にして探すのも1つの方法です。

街の政策は?医療に力を入れている自治体も

自分が住んでいる地域の医療機関の数を知っていますか?
内科や眼科、歯科など診療科はさまざまですがこれら医療機関の数は自治体によって変わります。

やはりどうしても都市部の方が医療機関の数は多くなりますが、医師や診療所の確保に力を注いでいる自治体もたくさんあります。

市の政策を調べてみると、医師の呼び込みを奨励していることが分かることもあるので、市のHPなどを覗いてみてもいいですね。

病院の拡大や、今後の病院建設の計画がある場合に情報が公開されていることもあるので、先を見越してチェックしておくのも良いでしょう。

これから引っ越す人であれば一緒に知っておくと新天地でのかかりつけ医探しの参考になるでしょう。

このように、地域の自治体ごとの政策によってこれから先に医療機関の数が増えることもあります。